アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
つれづれ理系リテラシー入門
ブログ紹介
環境問題、エネルギー問題、その他色々興味深い話題について、自分の勉強もかねてつれづれなるままに文系の方にも分かりやすく書いていきます。

現在、とりあえず最初のテーマとして『環境問題から始める理系入門』をテーマに記事を書いていきたいと思っています。
しかし、テーマはテーマ。個人的な趣味や雑学的知識、メモ、ただの日記のようなものも書いていくと思います。将来的には、小説も書いてみたい……。
よろしくお願いいたします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
窒素サイクル
かなり間が空きました。 研究室生活が始まり、キャンパスが変わって一人暮らしを始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/22 09:43
12/14ただの日記
興味がある単語: 窒素サイクル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/14 21:57
赤ちゃんの胃は弱酸性
本当に小ネタですが。赤ちゃんの胃は弱酸性です。酸性じゃないんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 22:23
水の世紀と再生水
21世紀は水の世紀になる、という話を職業(?)柄、よく聞きます。 水は言うまでも生命活動に不可欠なもの、これをどう確保するかがこれからの時代に重要になるというのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/12 21:46
雑学 コラーゲン-補足2
せっかく大学は早かったのに、パズルゲームの連鎖のアルゴリズムを作っていたら夜になっていました。 おい、原稿書けこの馬鹿! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 21:47
『氷が溶けて海面が上昇する』のウソ
地球温暖化で海面が上昇するっていう話はよく聞きますが、 海面が上昇するのは、氷が溶けたためだと思ってませんか? 実は自分も最近までそうだと思ってたんですが、実はそうではないんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/10 21:33
モノの大きさ - part3
マスク、人工透析と、大きいものを通さず小さいものを通す技術をいくつか挙げてきましたが、 自分が今特に関心を持っている技術は、『逆浸透膜』という技術です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/09 21:42
雑学 コラーゲン-補足
コラーゲンは分解されにくいのでは、とのコメントがあって、 もう少し調べてみたところ、その通りのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/08 21:17
雑学 コラーゲン
今日は時間がないのでワンポイント雑学。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/07 22:03
モノの大きさ - part2
前回のマスクの話に続いて、医療系の分野の話をしましょう。 人工透析、というものをご存じでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 19:39
モノの大きさ - part1
前回読み切りの記事をメインにすると言ったばかりですがそんなことは気にしません。 大きさについてのあれこれを紹介してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 22:10
『ラボヤキ』というサイトに参加しました。
ラボ+ボヤキ=ラボヤキ。 理系を応援する、ラボでのボヤキを投稿するコミュニティサイトです。 内容のイメージとしては、『理系ならではの”あるある”エピソード集』、とでもいうか。 URLはこちら。http://www.scs-laboyaki.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 22:08
ブログを復活させよう!
ものすごく時間が空いてしまいましたが、せっかく作ったブログですし復活させたいと思います。 前回の記事、出版甲子園のことについてでしたが、あの後三次審査で落選、決勝大会に出ることなくオファーもなく、結果として企画は白紙に戻った形になりました。 現在、自分の所属している出版サークルからその企画を改良(?)したものを企画中ですが、とりあえず現段階ではその内容をここに載せるということはしないつもりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 14:21
出版甲子園と言うイベントについて
現在、見ての通り更新が滞っていますが、 これはもともとこのブログを作ったきっかけでもある出版甲子園なるイベントの本番が近づいてきており、それの原稿を書いているからなのです。 そのイベントは学生から本にしたい企画を作って出版化をサポートしようというもので、そのイベントを通してここで書いているようなことをまとめ、本にしたいと思っています。 って言っても雰囲気がここで書いている感じと大分違うんですが、もう少しとっつきやすさを向上させた『ケミクマ』として現在二次選考通過、三次選考待ちという状況です... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/10/13 10:58
光の性質(1) - 電磁波とは?
電磁波、と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 何かエネルギー体のようなもので、触れるとびりびりする。そんな印象を持っている人は居ないでしょうか。ポケモンをやった人なら、もしかしたらそんな印象を持っているかも知れませんが。 しかし、電磁波というものは、実際は私たちの身の回りにあふれているものなのです。 例えば、赤外線は電磁波です。紫外線も電磁波です。そして、私たちがものを目で認識するのに必要な、可視光線もまた電磁波、さらには、携帯電話の通信に使っているものも電磁波なのです。 電磁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/27 15:28
有機物の燃焼(14・最終回) - 理想的な燃料とは?
前回、二酸化炭素と燃焼熱についてまとめ、しかし、それだけではない、と言いました。それはどういうことなのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/26 20:28
有機物の燃焼(13) - 各量を変換する
さて、そろそろ有機物の燃焼も佳境です。ここまで、燃料について、いくつかの量を扱ってきました。 molというものを量の基準として、 mol数から物質の質量を求める、mol→グラムの変換。 mol数と化学反応式からmolあたりの二酸化炭素の量を求める計算。 molあたりの、有機物を燃やした時に出るエネルギーの大きさである燃焼熱。 これらの量は、物質ごとに決まった比になっています。ためしに、今まで触れてきた四つの燃料について、これらの量を表してみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/26 19:56
勉強絶対主義?
下の弟が今中三で受験を控えていて、親がしきりに『勉強してない』『勉強する時間はどうする』とか言っているのを聞く。自分の時はもともと親の前では勉強していたのであんまり言われなかったけど、こういうのを聞いているとあんまりいい気分がしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/18 21:43
有機物の燃焼(12) - 燃焼熱(2)
前回、燃焼熱----燃料などを燃やした時に取り出せるエネルギーの量----は、条件によらず物質によって決まるという話をしました。ということは、エネルギーの量と二酸化炭素の量の関係だけを考える分には、どういう状況で、というようなことはとりあえず考えず、物質の種類だけで燃料の有効性を決められるということになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/18 20:05
有機物の燃焼(11) - 燃焼熱(1)
さて、いよいよ『環境に良い燃料とはどんなものか?』ということを考えるところまで来ました。 燃料としての扱いやすさ、というような物質ごとの性質はともかく、ここでは数字だけで燃料が環境に与える影響というものを考えてみましょう。二酸化炭素などの温室効果ガスにより地球温暖化うんぬん、という視点で環境問題を考えるのなら、効率の良い燃料とはずばり、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/17 21:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

つれづれ理系リテラシー入門/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる